ウェブサイト上で提供するサービスの内容や形態の変更-ウエア

  • 目的

    地球をもっとみてみよう

    前年優勝の多賀少年野球クラブ(滋賀)を先頭に参加51チームが入場行進した

    かんきょうを守るためには「人間(おとな)だけにまかせちゃいられない!」と動物たちが森に集まりました。動物たちは世界の子どもたちといっしょに「人と人・国と国との違いを理解し合いながら、環境問題と共生について考える物語」をはじめました。

  • 原作者からのメッセージ

    動物になって考えよう!

    1985年4月10日 昭和天皇の視察先の下見をする小林忍氏(手前)=東京湾(遺族提供)直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が16日付で発表された

    「動物かんきょう会議」は、1997 年の地球温暖化防止京都会議(COP3)と共にはじまりました。登場するキャラクターたちは、お国柄を漂わせる個性派ぞろい。「森」「ゴミ」「クルマ」「エネルギー」「食べもの」「海・川」「生物」そして「地球の未来」をテーマに、無知や偏見・エゴも絡んだ、カンカンガクガクの議論で盛りあがります。

    自分と異なるものに興味をもち、相手の考えをまず聞いて、理解しようとすることの大切さや楽しさを体験してください。地球環境とわたしたちの未来のために、自ら考え行動する大人になってほしいのです。そんな思いで、動物たちは世界の子どもたちと一緒にアイデアを出し合ったり、発明をしたり、課題解決にむけて国境を超えた行動をしていきます。

  • 米寿の母思い 今年最後の署名活動 拉致被害者 曽我ひとみさん

    わたしたちが目指すこと

    日本の子どもと世界の子どもが
    リアルにつながる体験づくり


    ・教育エンタテインメントコンテンツとして、主に小学校高学年〜中学生(12 才)を対象に、環境学習と異文化コミュニケーションの機会を提供していきます。

    ・今後、世界200 の国々、世界のさまざまな地域、または絶滅危惧種の動物、鳥、海洋 生物、虫などのキャラクターたちを登場させながら「多様性」をテーマに世界広範囲での活動展開をめざしていきます。

    ・SDGs(Sustainable Development Goals)への具体的なアプローチを提供していきます。

参照したのは宮内庁が編纂した昭和天皇の活動記録「昭和天皇実録」

登場するキャラクターたちは、お国柄を漂わせる個性派ぞろい。「森」「ゴミ」「クルマ」「エネルギー」「食べもの」「海・川」「生物」そして「地球」をテーマに、無知や偏見・エゴも絡んだ、カンカンガクガクの議論で盛りあがります。

教員養成改革を紹介 付属校との連携強化など

登場するキャラクターたちは、お国柄を漂わせる個性派ぞろい。「森」「ゴミ」「クルマ」「エネルギー」「食べもの」「海・川」「生物」そして「地球」をテーマに、無知や偏見・エゴも絡んだ、カンカンガクガクの議論で盛りあがります。

身近におこる環境破壊に危機感を感じた世界の動物たちが人間たちには「もうまかせておけない」と、ドイツの森でかんきょう会議を開催します。動物たちを中心に身近な環境問題をテーマに話しあいます。

てくてく紅葉特集の最新ニュース | 47NEWS(よんななニュース):47都道府県52参加新聞社と共同通信のニュース・情報・速報を束ねた総合サイト
7つのテーマ

「森」「ゴミ」

「クルマ」「エネルギー」

「食」「海・川」「生物」

小林忍(こばやし・しのぶ)さんは昭和天皇との距離が(比較的)遠い
  • Vol.1

    「動物たちの地球会議はじまる!」

    バブル崩壊後に就職難だった「就職氷河期世代」の就労支援について考えるシンポジウムが14日

    タヌキ日本代表 世界各国から非難の矢 あわやピンチ「もう、人間たちにはまかせておけないよ!」環境の危機を感じた動物たちは、世界各地からドイツの森に集まり会議を開きます。持参した弁当のワリバシを、いきなりブラジルのワニに非難された日本のタヌキ。アマゾンのジャングルの減少は、本当にワリバシが原因なのでしょうか?ワリバシをめぐって、動物たちのカンカンガクガクの議論が展開します。

    購入する

  • Vol.2

    「発明で解決!ゴミ問題」

      近江八幡市安土町石寺の古刹(こさつ)「教林坊」が

    動物たちのまわりは、食いちらかしたゴミの山。動物たちがお弁当を食べ終えたあとは、ゴミだらけ。どうも日本のタヌキとアメリカのワシのせいらしい。大量消費の使い捨てが、非難の的になっても、ワシは、使い捨ての便利さを主張し「リサイクルでゴミ問題は解決する」と、うそぶきます。アルミ缶のリサイクルをめぐり、賛否両論とびかう中で、ゴミを減らすユニークなアイディアがでてきました!

    購入する

  • Vol.3

    「超マイカー宣言!」

    "agree to disagree" は外交交渉などでよく使われる言い回しで

    排ガスムンムン地球の大敵、わかっちゃいるけどやめられないクルマが大好きなアメリカのワシ。インドのトラやケニアのゾウから非難が集中します。クルマの排気ガスのせいで、地球温暖化がすすみ、それが地球の砂漠化という深刻な事態をまねいていたのです。とはいえ、いまさらクルマ無しの生活など考えられないワシとタヌキ。 いったいどうしたらいいのでしょうか?インドのトラが悟りの境地でひらめいた答えとは?

    購入する

  • Vol.4

    「つくろうよ!未来のエネルギー」

    エネルギーのムダづかい、節約すればそれで解決?ブレーカーは切ってあるし、プラグも全部抜いてあるドイツのハリネズミの家。いったいどうなっているの?未来は深刻なエネルギー不足。風力発電や太陽発電なども普及にまだまだ時間がかかりそう。そこでインドのトラが究極の解決策を提案するのですが・・・

    私はそういう文学方面はあまり研究もしていないのでよく分かりません」と答え

    購入する

生物の遺伝子を改変できるゲノム編集の新たな手法を開発したと

  • 第1話「エレガントな発電」

    麥田俊一の偏愛的モード私観 第2話「マラミュート」

    ヘンテコ発電装置を身に着けて自力発電中の動物たち。普段は何気なく使っている電気だけど、つくるのって実は大変!みんなくたくたです。やっぱり電気のなかった頃の暮らしに戻るべき? それとも…?

【ストックホルム共同】ノーベル化学賞選考委員会のグンナール・フォン・ヘイネ事務局長(ストックホルム大教授)が7日までに共同通信の取材に応じ